二番目の階級に属するメノス。最下級大虚(ギリアン)よりもやや小さく数も少ない。
知能が高く戦闘能力は最下級大虚の数倍。最下級大虚をまとめる存在でもある。

中級大虚

アジューカス

仮面を外し、死神の力を手に入れた虚(ホロウ)の一団。虚と死神ふたつの能力を持つため、死神同様、斬魄刀がある。崩玉の作用で成体が完成した。
虚自身のもともとの能力が高いほど強大な力を持つため、メノス以上が破面(アランカル)化すると尸魂界(ソウル・ソサエティ)にとって脅威となる。
破面の斬魄刀は、破面自体の能力の「核」を刀の姿に封じたもの。斬魄刀を解放することで破面自身の真の能力と姿を解放し戦闘能力は倍にはね上がる。

破面

アランカル

破面(アランカル)の身体を覆う霊圧硬度の高い外皮のようなもの。

鋼皮

イエロ

肉体と魂を結ぶ鎖。この鎖が魂から外れると、もう肉体には戻れない。また、霊がある場所にに未練を持った場合、この鎖がその土地に絡みつき「地縛霊」となり、生きている人間に未練を持った場合、その人間に鎖が絡みつきそこから離れられなくなる。こういった霊は半虚(デミ・ホロウ)となりやがては虚(ホロウ)となる。

因果の鎖

いんがのくさり

死神から虚(ホロウ)の領域に足を踏み入れ、虚の仮面と斬魄刀の両方を持つようになった者たちの組織。禁術を使って虚の能力を手に入れようとした元死神たちで、所在も思想も不明。
一度虚の力を手に入れると、ふつうの死神に戻ることはできないとされる。

仮面の軍勢

ヴァイザード

最上階級のメノス。人間と同程度の大きさでその数は極めて少なく、「虚圏(ウェコムンド)」の中に数体しかいないと言われている。ヴァストローデ級のメノスの戦闘能力は死神の隊長格よりも高い。
大虚(メノスグランデ)は、破面(アランカル)化するとき人型に変貌するが、上級大虚は100%人型になり、中級大虚(アジューカス)以下のものは虚の姿に近いままであることが多い。

上級大虚

ヴァストローデ

虚(ホロウ)の巣くう場所。常に夜で、現世とは月が反転して映ることが特徴。また、土地は白い砂のようなもので覆われ、水は存在しない。石英のようなものでできている枯れ木が散在している。

虚圏

ウェコムンド

護廷十三隊二番隊隊舎の敷地内の巨大な堀の奥にある施設「地下特別檻理棟(ちかとくべつかんりとう)」の通称。

蛆虫の巣

うじむしのす

銀城空吾率いる完現術者(フルブリンガー)の集団。

XCUTION

エクスキューション

虚夜宮(ラス・ノーチェス)への侵入者などを倒す殺戮部隊。
隊長は「ルドボーン」。

葬討部隊

エクセキアス

破面(アランカル)の中でも選りすぐりの10体で、NO.1から10までのナンバーを与えられたもの。
体の一部にその数字を記し、NO.11以下を支配する。殺戮能力の高い順に1から10の番号を与えられ、NO.11より下のものたちとは別次元の強さを誇る。
何かの理由で力を失ったり死んだり、他のものより能力が劣るとされた場合は十刃から落とされる。

十刃

エスパーダ

チャドが修行によって手に入れた「変化した右手」の技。

巨人の一撃

エル・ディレクト

尸魂界(ソウル・ソサエティ)の王家の鍵。王宮がある尸魂界内の別空間を開く事ができる。
この鍵の所在は代々、護廷十三隊総隊長に口伝で伝えられるため、ほかの者が知ることはない。尸魂界の王は「霊王(れいおう)」という名で、尸魂界にあって象徴的でありながらも絶対的な存在。

王鍵

おうけん

本来、護廷十三隊とは別の成り立ちを持つ組織で、尸魂界(ソウル・ソサエティ)・四大貴族のひとつ、四楓院家が代々総司令官を務めてきた。

隠密機動

おんみつきどう