護廷十三隊の隊ひとつひとつを象徴する花。各隊の隊花は次のとおり。
一番隊「菊」花言葉:真実と潔白
二番隊「翁草」花言葉:何も求めない
三番隊「金盞花(きんせんか)」花言葉:絶望
四番隊「竜胆(りんどう)」花言葉:悲しんでいるあなたを愛する
五番隊「馬酔木(あしび)」花言葉:犠牲・危険・清純な愛(あなたと二人で旅をしましょう)
六番隊「椿」花言葉:高潔な理性
七番隊「菖蒲(しょうぶ)」花言葉:勇気
八番隊「極楽鳥花(ごくらくちょうか)」花言葉:全てを手にいれる
九番隊「白罌粟(しろけし)」花言葉:忘却
十番隊「水仙」花言葉:神秘とエゴイズム
十一番隊「鋸草(のこぎりそう)」花言葉:戦い
十二番隊「薊(あざみ)」花言葉:復讐・厳格・独立
十三番隊「待雪草(まつゆきそう)」花言葉:希望

隊花

たいか

尸魂界(ソウル・ソサエティ)に起きた事象、情報が強制集積される場所。

大霊書回廊

だいれいしょかいろう

現世と尸魂界(ソウル・ソサエティ)のはざま。

断界

だんがい

ソウル・キャンディーの入れ物の名前。

チャッピー

尸魂界(ソウル・ソサエティ)全土から集められた四十人の賢者と六人の裁判官で構成される尸魂界の最高司法機関。

中央四十六室

ちゅうおうしじゅうろくしつ

整(プラス)から虚(ホロウ)になりかけている魂。長い期間を経て次第に虚となるが、開きかけている胸の穴を人為的に無理矢理こじあけると、すぐに虚となってしまう。

半虚

デミ・ホロウ

浦原喜助が作りした装置。
四点のポイントを結ぶことで広範囲(半径一霊里)に及ぶ巨大な穿界門となる。この装置で包囲されたものは、尸魂界(ソウル・ソサエティ)にある別のものと移し替えることが可能になる。

転界結柱

てんかいけっちゅう

現世にいる死神が尸魂界(ソウル・ソサエティ)からの連絡を受けるために持っているケータイ電話型の通信機。

伝令神機

でんれいしんき

隊士の意志による「脱退」制度のない護廷十三隊において「脱退」とされた者たちに与えられる処罰。対象となった死神が特に問題を起こしていなくとも、上層部から危険分子と判断された者たちが「脱退」とされている。かつてはマユリも特別檻理化の対象となっていた。
通常は、個人の事情でやむを得ず隊を離れる「休隊」、それが長期にわたり、復帰の目処が立たない場合は「除籍」として処理されるのみ。

特別檻理化

とくべつかんりか

階級を剥奪された者たちで元・十刃(エスパーダ)。例:ドルドーニ、チルッチ、ガンデンバインなど。

3ケタ=十刃落ち

トレス・シフラス=プリバロン・エスパーダ