黒崎一護

くろさきいちご


(CV:森田成一)

空座第一高校に通う高校3年生。オレンジ色の髪と常に眉間に皺を寄せた表情から不良に見られることも多いが、本当は義理堅く優しい性格。霊感が強い以外は普通の高校生だったが、朽木ルキアと出会い、死神代行として虚(ホロウ)と戦うことに。


斬月

ざんげつ


(CV:菅生隆之)

一護の持つ斬魄刀。しばしば一護の精神世界の中に人の形を取って現れ、彼が強くなるために導く。


天鎖斬月

てんさざんげつ


(CV:森久保祥太郎)

一護の持つ斬魄刀。一護が精神世界に卍解状態で入ると現れる。斬月より幼い姿をしている。

井上織姫

いのうえおりひめ


(CV:松岡由貴)

一護のクラスメイト。かなりの天然ボケ。あらゆる事象を拒絶する特殊な力「盾舜六花」を持つ。

石田雨竜

いしだうりゅう


(CV:杉山紀彰)

古より虚と戦い続けてきた滅却師(クインシー)の数少ない生き残り。死神に対して強い憎悪を抱いており一護とも敵対したが、のちに戦友となる。手先が器用で裁縫が得意だが、ファッションセンスはあまりよくない。

茶渡泰虎

さどやすとら


(CV:安元洋貴)

中学時代からの一護の親友。きわめて寡黙で無表情だが、弱い者を身を呈して守る優しさを持ち、かわいいものが大好きという意外な一面も持つ。

コン


(CV:真殿光昭)

ソウル・ソサエティで戦闘用に開発された改造魂魄で、廃棄されるはずだったのが手違いで一護のもとへ。普段はぬいぐるみの中に入っているが、一護が死神として活動するときは代わりに彼の肉体を守る。

黒崎夏梨

くろさきかりん


(CV:釘宮理恵)

一護の妹。クールな性格。一護と同じく霊感を持っており、一護が死神であることにも気づいている。

黒崎遊子

くろさきゆず


(CV:瀬那歩美)

一護の妹で夏梨とは双子。黒崎家の家事全般を担うしっかり者。

黒崎一心

くろさきいっしん


(CV:森川智之)

一護の父親。「クロサキ医院」を経営する開業医。家族を溺愛しており、常にハイテンションで過剰なスキンシップを図ろうとするために家族からはうっとうしがられている。実は死神としての能力を持つ。

黒崎真咲

くろさきまさき


(CV:大原さやか)

一護の母親。幼い一護を守るために虚に殺された。

有沢たつき

ありさわたつき


(CV:野田順子)

一護の幼馴染で織姫の親友。男勝りで正義感が強く、インターハイ準優勝の経験を持つ空手の達人。

浅野啓吾

あさのけいご


(CV:小西克幸)

一護のクラスメイト。常にハイテンションでいつも一護たちにちょっかいを出しているが、冷たくあしらわれることも多い。

小島水色

こじまみずいろ


(CV:福山潤)

一護のクラスメイトで、啓吾とは中学からの親友。女性関係は幅広く年上キラー。

浦原喜助

うらはらきすけ


(CV:三木眞一郎)

駄菓子屋「浦原商店」の店主。裏では死神のためのさまざまな物品を扱っており、ルキアの現世での行動を支援している。
その正体は元十二番隊隊長兼技術開発局初代局長であり、「崩玉」の開発をはじめさまざまな画期的発明を行ったが、尸魂界を追放される。


紅姫

べにひめ


浦原喜助の斬魄刀。解号は「啼け 紅姫」。

花刈ジン太

はなかりじんた


(CV:本田貴子)

浦原商店の店員。カラクラ防衛隊の一員「カラクラレッド」でもある。

紬屋雨

つむぎやうるる


(CV:下屋則子)

浦原商店の店員。見かけによらず超人的な戦闘能力を持つ。カラクラ防衛隊の「カラクラピンク」でもある。

握菱テッサイ

つかびしてっさい


(CV:梁田清之)

浦原商店の番頭的存在で、高位の鬼道の使い手。

石田竜弦

いしだりゅうけん


(CV:成田剣)

雨竜の父親。空座総合病院の院長であり、一心とは古くからの知り合いらしい。滅却師としての能力も持つが、滅多にそれを使おうとはしない。

石田宗弦

いしだそうけん


(CV:丸山詠二)

雨竜の祖父で滅却師としての師匠。死神に対して滅却師の必要性を訴えていたが無視され続け、虚との戦いで命を落とす。

ドン・観音寺

どん・かんおんじ


(CV:千葉繁)

「ぶらり霊場突撃の旅」という超人気テレビ番組に出演しているカリスマ霊媒師。決め台詞は「スメルズ・ライク・バッド・スピリッツ」。

鰻屋育美

うなぎやいくみ


(CV:甲斐田裕子)

一護のバイト先の店長。鰻屋という苗字だが、鰻屋ではなく何でも屋。