藍染と部下たちがいる虚圏(ウェコムンド)の城。

虚夜宮

ラス・ノーチェス

チャドの「悪魔の左腕」から繰り出される攻撃のひとつ。

魔人の一撃

ラ・ムエルテ

滅却師(クインシー)の最高戦闘霊術。
無数の糸状にした霊子の束を、自らの体の動かなくなった個所につないで操り人形のように強制的に動かす。体の自由がきかなくなった老齢の滅却師が使うことが多い。自らの体がどれほどキズついてボロボロになろうが、その体がチリになるまで戦い続けることができる。

乱装天傀

らんそうてんがい

死神の導きなしに不正に尸魂界(ソウル・ソサエティ)に来た魂魄。尸魂界ではあらゆる災厄の元凶とされる。

旅禍

りょか

現世で死んだ者が送られる場所。1~80までの地区に分かれ、その中でそれぞれの生活を送っている。どの地区に送られるかはランダムである。また、数字が大きくなるごとに治安が悪くなり、子供たちの暮らしにくい場所となっている。恋次・ルキアは、南流魂街78地区「戌吊(いぬづり)」出身。やちるは北流魂街79地区「草鹿(くさじし)」出身。日番谷・雛森は西流魂街第1地区「潤林安」出身。

流魂街

るこんがい

現世のあらゆるものを構成している「器子(きし)」と呼ばれる物質を魂魄の主構成物質である「霊子」に変換することができる。

霊子変換機

れいしへんかんき

大気中の霊力を圧縮して視覚化した霊気。上位の死神にしか視覚化できず触ることもできない。通常の魂魄の霊絡の色は白だが、死神のものは他と異なり紅い色をしている。

霊絡

れいらく

破面(アランカル)の刀剣解放の正しい呼称。
破面の肉体に虚(ホロウ)本来の攻撃能力を回帰させることを言う。

帰刃

レスレクシオン